ARYURVIST

column column

アーユルヴェーダの知恵

インドネシアの伝統療法
ジャムウを体験

2017年07月20日


【インドネシアの伝統療、ジャムウを体験】

バリ島最終日はジャムウの教室に行ってきました。
ジャムウとは、インドネシアで千年以上の歴史を持つ民間医療。

インド、サンスクリット語の祈りや魔法を意味する「japa」から由来し、アーユルヴェーダをルーツとしています。

ジャワ島の世界遺産“ボロブドゥール遺跡“にも植物をすり合わせて医薬を作ったり、オイルマッサージで治療している様子が刻まれているそうですよ。

アーユルヴェーダのハーブ調合方法を元に、インドネシアに自生するハーブを原料に応用や改良を重ねてきた「ジャムウ」。
母から娘へと口承で受け継がれてきたレシピは疲労回復や風邪対策など気になるものがたくさん。

今回は健康を気遣うバリニーズは食事の前に飲むという生姜、ターメリック、タマリンド、ナツメヤシシュガーを入れたもの。
さらにボディスクラブ、ボディマスク、ボディオイルまで作りました。

すべて天然、卒倒しそうなくらいいい香りの花をふんだんに使って、フランス人家族と楽しく体験できました。

自然の力をフルに使ったジャムウ、そしてアーユルヴェーダ。
気づけばいつだって自然は人間に寄り添って、必要なものを差し出してくれているんだと、知れば知るほど気づかされます。
____________
ARYURVIST 公式LINEアカウント登場!

友だち登録した方全員に、500円OFFクーポンプレゼント🎁
line://ti/p/@ygi1644b

*アーユルヴェーダから生まれたコスメ ARYURVIST*